飲酒運転撲滅条例の見直し作業開始

 平成24年4月に施行された、全国初の罰則付きの飲酒運転撲滅条例は、施行後の実施効果を踏まえ「施行後3年以内に見直す」と規定していますが、来年4月に施行から丸3年となることから、各会派選出の委員や関連常任委員長で構成する「福岡県飲酒運転撲滅推進に関する条例見直し検討会議」が設置され、10月2日に第1回会合が開かれました。本県の条例は、5年以内に飲酒運転で2度摘発された運転者にアルコール依存症の診断を義務付け、60日以内に受診しなかった場合は5万円以下の過料を科すことになっています。平成24年9月の全面施行以降、今年8月末までに2度摘発された運転者は25人で、その内12人が医療機関を受診し、残り13人は受診していませんが、過料を科したケースはありません。今回の検討会議では@過料の実効性A1度摘発された時点での医療機関での受診の可否B2度摘発された者に受講が義務付けられている「飲酒行動是正プログラム」参加の強制力、等を中心に協議を進め、平成27年2月定例会での改正を目指しています。