九月定例県議会閉会、豪雨対策に220億円

 9月14日から10月4日まで21日間の日程で開催された、九月定例県議会は平成24年度一般会計補正予算など43件の議案を原案どおり可決し閉会しました。7月の梅雨前線豪雨に伴う災害復旧・復興対策として、被害者の救済、生活支援、農林漁業者、中小企業支援、公共土木施設等の災害復旧に要する経費約220億円を含め、総額253億5千万円を増額する補正予算は災害復旧としては平成に入り最大規模となっています。