期待を込めて小川洋氏とがっちり握手(2月16日)
民主党は次期知事選挙の予定候補に
小川洋氏の支持を決定!!

 4期16年、福岡県政をリードした麻生渡福岡県知事が昨年10月5日に今期限りの退任を表明しました。民主党福岡県連は、この間の麻生県政の足跡を検証すると同時に、11月3日に第1回知事選挙選考委員会を開催し「めざす知事像」を下記のようにイメージしました。

めざす知事像
@ 500万県民の幸せの実現へ、福岡県の新たな成長を実現する知事
A 地域主権改革を推進する知事
B オープン・フェア・クリーンそして参加型の県政を推進し、常に県民とともに歩む知事
C 九州の自立とアジアとの連携をリードする知事

 「主戦論」「相乗り論」など色々な意見はありましたが、全国的に民主党へのすさまじい逆風が吹いている現状や、連合福岡との意見交換を踏まえ福岡市出身で麻生内閣や鳩山内閣などで広報官を務めた経済産業省出身の「小川洋」氏を支持することを決定しました。  ところで2月県議会も22日に終り、4月の統一自治体選挙に向け、私も一気にラストスパート。小川洋さん共々最後までの御支援よろしくお願い致します。

小川 洋(おがわ ひろし) プロフィル
1949年福岡県生まれ。福岡県立修猷館高等学校から京都大学法学部に進み、1973年通商産業省入省。特許庁長官、三井住友海上火災保険顧問、内閣官房知的財産戦略推進事務局長を経て、2007年11月から2010年8月に退任するまで福田、麻生、鳩山、菅各内閣の下で内閣広報官を務めた。